鉄骨社屋新築の施工状況をお伝えします。

↓型枠のあと基礎のコンクリートを打設していきます。

↓基礎が終わり柱を立てるため、外部足場が立ち上がりました。

↓外壁の下地まで出来上がりました。

↓内部の床のコンクリートを打設する前です。

↓天井や壁の下地となる軽量鉄骨が部屋中に組まれています。

↓まだサッシが入っていないため前面から内部が見えています。

↓内部はボードが張られカタチがみえてきました。

↓ホールからの階段です。鉄骨でシャープに見えるようにこだわりました。

↓サッシ枠も入りました。2階の部屋には大開口の窓から明るい陽が入り込みます。

↓外部の足場が無くなり外観がスッキリ見えるようになりました。

↓玄関ホールの正面の壁や、天井の内装が出来上がってきました。

↓1階の作業場です。開口が大きいく明るい室内で、とても作業しやすそうです。

↓内部で使用する木材の塗装をしています。とても良い色に仕上がりました。

 

 

完成まで楽しみです。

-to be continued-