木造社屋新築の施工状況をお伝えします。

 

↓土間下の断熱材の敷き込みです。

 

↓土間の配筋状況です。

 

↓コンクリート打設です。

 

↓令和4年6月吉日 祝上棟
建方が行われました。

 

↓屋根・外壁下地の状況です。

 

 

↓床暖房の配管です。

 

↓工事もかなり進みました。メイン玄関です。
建前時の写真とかなり印象が違います。

玄関外壁には、高耐久で、高品質のセランガンバツを使用しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

内部の紹介を何点か投稿します。

↓まずは、玄関ホールです。
チーク無垢材を利用しています。
2種類の厚みがある材を利用することで、凹凸があり、個性的な玄関ホールに仕上がりました。

 

 

 

 

 

↓次に社長室です。
木目パネルにレールが納められています。
レールには、フックや棚を取付けることができるため、壁面を利用したさまざまな空間演出ができます。

 

 

 

 

↓最後に、事務室です。
メルクシパインの積層材を採用しました。

 

 

 

 

 

各所に様々な個性的な木の部材が配置された建物の完成がとても楽しみです!

-to be continued-