既存住宅を解体し、木造平屋建て住宅を新築されるお客様です。
工事の進捗状況を順次ご紹介いたします。

既存住宅の解体が終わり、地盤改良をおこないました。
この後に、給排水設備の配管なども行われます。

鉄筋・型枠工事です。
施工図の指示通り配筋されているかを監理します。

いよいよコンクリート工事です。
家の大切な基礎が出来上がります。

一定期間、養生し、天端均しをし、型枠をはずします。
その後、土台や大引き等を据え、建方に向けての準備をします。

令和4年6月吉日 祝上棟
建方が始まりました。
図面で打合せしていた建物が実際の大きさで立上ります。

– to be continued –