結婚や出産、子供の独立や退職などライフスタイルの変化によって住まいの役割も変化していきます。そういった変化の中にいる方、家を住み替えてみませんか?
今回は63歳の施主が新築をする自邸、鉄骨平屋建ての工事工程を紹介していきます。

⑦内装工事

 

 

 

断熱性能のあるウレタンを吹き付けていきます。ウレタンを吹き付けることで、冬は暖かく、夏は涼しい、外気温に左右されない建物になります。

⑧木工事

 

 

 

壁の石膏ボードなどを留める木下地を設置していきます。木下地とは下地、つまり見えない部分を木で作ることです。 各部屋の間を区切っている壁の周りとサッシ周りの骨組みの部分を作り、床や天井の下地を組み、間仕切り壁の下地を作っていきます。

⑨外装工事

 

 

 

外壁を張り付けていきます。そろそろ完成間近です。

 

現在、工事進行中ですので進捗状況を随時アップロードしていきます。